育児

おてて・あんよなどの幼児語は覚える必要ある?

幼児語とは?

 

幼児の時期だけに使う特別な言いまわしの語。

 

幼児語の例

 

ニャンニャン/ニャーニャ(ネコ)
モーモー (牛)
ワンワン(犬)
ブーブ(車)
ポッポ(鳩)
コッコ(鶏)
チッチ、シー(おしっこ)
ちゃちゃ(お茶)
まんま(ご飯)
おつむ(頭)
じいじ(おじいちゃん)
ばあば(おばあちゃん)
ママ(おかあさん)
パパ(おとうさん)
ああん(口を開ける)
あんよ(足、歩く)
たっち(立つ)
おも(お外)
うまうま(おいしい)
あっちっち(熱い)
ばっちい(汚い)

 

結論、幼児語は赤ちゃんのボキャブラリーを増やして、記憶を高める。

 

実はこの問題は、何年も世界中で議論されてきているのですが、2018年に発表された最新の研究では、

幼児語は、赤ちゃんのボキャブラリーを増やし、記憶を高めるという結果が出ています。

さて、赤ちゃんには、幼児語がいいのか、大人の言葉を使うのがいいのか、どんな声掛けをするのがいいのでしょうか?

『モンテッソーリ教育で伸びる子を育てる!』の著者で、日本・欧米いいとこどり育児を提唱している平川裕貴が、お話しします。

 

エディンバラ大学の研究

エディンバラ大学の研究では、赤ちゃん言葉は、赤ちゃんのボキャブラリーを増やし、記憶を高め、

 

言葉の学習速度を速めるという結果が出ました。

 

研究者たちは、生後9か月の男の赤ちゃん24人と、女の赤ちゃん23人についてリサーチしたそうです。

 

エディンバラ大学ですので、当然英語になりますが、その結果、doggy, mummy, tummyなどのように、

 

‘Y’で終わる言葉を赤ちゃんは特に素早く理解したそうです。

 

また、night-night のような繰り返し言葉も、赤ちゃんの吸収力を高めたそうです。

 

 

ただ、splashとかwoof というようなオノマトペ(擬声語・擬態語)については、同じような効果はなかったと言います。

 

ご参考までに、英語で効果があった幼児語は、

 

Yummy, tummy, piggy, bunny, teddy, doggie, duckie, dada, peepo, bye-bye

 

特の効果が見られなかった言葉は、

 

Splash, bang, moo, whoosh, beep, swish, vroom, boom, meow

 

が挙げられています。

 

まとめ

 

子どもがしゃべり始める言葉も、やはり、大人が語り掛けた言葉の中の、「言いやすい言葉」それが「幼児語」です。

 

言葉が遅い、と相談に来られる方の多くが、子どもに幼児語で話しかけていませんでした。

 

幼児語や効果音を言うことをするだけで、言葉が出てくるようになった子どももたくさんいらっしゃいます。

 

幼児語が昔から、幼児の子育てに使われるのは、ちゃんと理由があってのことです。

 


幼児語を使うなんてかっこ悪い、というのは大人の都合。

 

子どもの側からすれば、自分にわからない、むつかしい言葉ばかりかけられるより、

 

理解しやすくて自分でもすぐに言えそうな言葉をかけてもらえた方が嬉しいに決まっていますね。

 

子どもがコミュニケーションや会話をしやすいように、子ども目線で考えてあげたいですね。

 

 

-育児
-

Copyright© Momoblog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.