育児

【育児ブログ】赤ちゃん・生後0~1ヶ月の成長記録&生活リズム

こんにちは。

 

2020年1月に出産して早くも3ヶ月が経ちました。(振り返ってみると早いです!)

 

赤ちゃんとの生活にもだいぶ慣れてきました。

 

忘れないうちに成長記録を残しておこうと思います。

 

赤ちゃん・生後0~1ヶ月の様子

ずばり、ほぼ寝ています。

 

授乳して空腹になると目が覚めて泣いてまた授乳の繰り返しでした。

 

 

赤ちゃん・生後0~1ヶ月の睡眠時間

 

2-3時間毎の短い眠りと覚醒を繰り返していました。

 

なのでここの期間が一番大変だったなあと感じています。

 

出産してからノンストップで育児が始まったので、牛になった気分でした。笑

 

(最初は授乳するのに時間かかって1時間くらいかかっていたので)

 

赤ちゃんと同じ感じで、授乳したら私も寝る、授乳したら私も寝る。

 

といった感じの1日でした。

 

赤ちゃん・生後0~1ヶ月のお風呂

 

里帰り出産していたので実家のシンクで沐浴していました。

 

入院中、看護士さんからレクチャーしてもらい1回実践はしたものの、初めて沐浴する時はとても緊張しました。

 

入院中の病院で午前中に沐浴していたので、実家でも午前中に沐浴していました。

 

私のお母さんがとっても世話好きなので、色々フォローしてくれるんですが、

 

私的に沐浴の準備を1つ1つ病院からもらった説明書を見ながらやっている時に、

 

「沐浴にお湯入れちゃっていい?」とか

 

「ここにバスタオル置くの?」とか

 

色々言われて、イラっとしてしまったなあ。(書いてて反省。)

 

なので、「私がして欲しいことはちゃんと言うから、それ以外は黙って見守ってよ」と。

 

産後間もない時ってホントちょっとのことでイライラするって言うけど、本当だったかも。

 

お母さんに自分の気持ちを伝えてからは、お母さんちゃんと見守ってくれました。

 

私が赤ちゃんのことに専念できるように、毎日3食ご飯作ってくれました。(有難いです。)

 

あ、沐浴に戻ると、シンクで沐浴できるベビーバスはおすすめです。って言いたかったです!笑

 

赤ちゃん・生後0~1ヶ月の体重

2800gで生まれた我が子。

1ヶ月検診 → 3755g

 

+1キロで順調に成長していました。

 

入院中、スケールに赤ちゃんを乗せて母乳がどのくらい出てるのか計っていたので

 

スケールがないと退院してから体重測れないじゃんと思い、スケールを1ヶ月レンタルしました。

 

結論、スケールはレンタルしなくてもいいなと思いました。

 

その理由は、毎日どのくらい母乳が出ているかを気にしてしまい、気が滅入ってしまうからです。

 

ただでさえ母乳の出具合は人それぞれだとわかっているはずなのに、

 

出ないとすごく悲しい気持ちになって不安になってしまいます。

 

結局、「 授乳する度に計測 」ではなく、「 1日に1回測るのみ 」にしていました。

 

 

ママの様子 産後はトラブル続き・・!!

 

お股の傷はまだ痛むし(痛み止めを飲んでいたのでだいぶ楽ではあった)

 

授乳はかがんで体が丸くなるので背中が張って眠れないことも・・・><

 

あとは、母乳が作られ始めるのでガチガチに胸が固まって背中が張って痛かったです。

 

なので入院中はベットの上でストレッチして気を紛らわしていました。

 

【出産】入院中あってよかったもの

1.円座クッション

 

 

出産直後はお股の傷が痛すぎるのであってよかったです。(荷物になるけどこれは大事です!)

 

私の入院した病院では授乳部屋に円座クッションがあったんですが、

 

お部屋に戻ってベットの上とかにそのまま座ると「ひい〜〜!」っと声が出てしまう感じでした。

 

2.のびのびストローキャップ

 

 

どんなペットボトルにでもストローをつけられるストローキャップです。(缶にも)

 

ほとんどの飲料用ボトルに取り付けることができます。

 

これは、母親学級に参加した時に病院側からおすすめされたものです。

 

入院中は寝たままでも飲み物を飲めるように、とのことで購入しました。

 

実際、出産直後は起き上がるのも大変だったので、あってよかったなと思います。

 

人間の回復力は凄いもので入院3日目頃になってくるとなくても起き上がって飲めました。

 

以上

-育児
-, , , , ,

Copyright© Momoblog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.